FC2ブログ
2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.07.30 (Sun)

2017夏休み(2日目:台湾→バリ島)

旅の二日目、台湾からバリ島へ移動です。

前日夕方から降り続いた雨も上がり、晴天の台北。
ホテルの部屋から見える、新生南路・林森エリアのごちゃごちゃ感がまた好き。
うーん、たまらん。
IMG_4730.jpg

ホテルでのビュッフェ朝食を軽く食べ、桃園空港へと向かいます。
そう。
今回、体験してみたかったのが開通したばかりのMRT空港線。
タクシーで台北駅まで、ホテルからは120元。
MRTは15分毎に出発するようで、空港までは約40分。料金165元。
IMG_4732.jpg

出発駅はちょうど、従来の台北駅から少し西側。
市民大道×重慶北路の辺りかな。便利なような、不便なような。

久しぶりの桃園空港。
前回利用したのは、本帰国した2013年3月。4年半ぶりです。

エバー航空、10時発のバリ島行きは定刻出発♪
IMG_4736.jpg

離陸後は窓の景色が楽しい。
台湾の西海岸沿いに飛行機が南下していきます。
台北から台中、台南、高雄と続く海岸線が美しい。
IMG_4738.jpg

こちら機内食。
IMG_4739.jpg

映画を観たり、持参の電子書籍を読んでいたりしてたら
いつの間にかバリ島上空。
IMG_4740.jpg
5時間、意外と早かった。

さて。
乾季のバリ島は観光シーズン。
入国審査は大行列、1時間近く立往生です。ひー
空港ATMでルピアを入手、やっとホテルのお迎えスタッフと合流。

今回のホテル往復送迎は宿泊プランに含まれていたので
安心、楽チン。
エアコンのよく効いた送迎車でホテルへと向かいます。

車で30分ほどで到着。今回のお宿は、ザ・ムリア 、ヌサドゥア地区にある大型ホテル。
ムリアリゾートと呼ばれる巨大敷地内にあるホテルの1つで、全室スウィートが売りの
おばさん垂涎ものの6つ星、横綱ラグジュアリー。
(↓ホテルHPから拝借)
u2YEmR.jpg

浮世離れした非現実感を味わうためのホテルで、
私のくたびれた心身を癒してもらおうじゃないか。 

さて、時はすでに夕方5時。
キョドりながらもチェックインした後、バトラーさんが「部屋に入る前にお茶しませんか?」と。

はい、喜んで。
と、案内してもらったのがロビーラウンジ。
ここで毎日16時から18時まで、アフタヌーンティーを無料で楽しめると。

ゲストが皆さん思い思いにくつろいでいます。
IMG_4741.jpg

ラウンジからはホテルの象徴ともいうべきプールがばばーんと。
IMG_4742.jpg

アフタヌーンティーは、インドネシア式と英国式の2種類。
本日は、インドネシア式を注文。
IMG_4746.jpg

デザートワゴンは別に用意されていて、お好きなものをどーぞ、と。
IMG_4744.jpg

ドリンクはアルコールも完備。
puki夫さんは白ワイン、私はモヒートを注文。
IMG_4745.jpg
あぁ、のど越し良くて、ガブガブいっちゃいそう。
やばい、これは酔うぞ。

18時過ぎまでのんびりしたら、もう夕食に出るのが面倒に。
お腹もけっこう満たされちゃったし。

ホテル探検がてら、別のホテル棟の屋外ラウンジで軽く食べることに。
ビールや白ワインを呑みながら、ナシゴレンやおつまみ系を注文。
IMG_4747.jpg
ほぼ真っ暗で何も見えませんが。(失敗した)

部屋に戻ると・・
IMG_4749.jpg

ベッドの上には白鳥。

お出迎え、ありがとう。
ぐっすり眠れそう。




スポンサーサイト



17:51  |  台湾&バリ島★2017  |  コメント(1)

2017.07.30 (Sun)

2017夏休み(1日目:台湾へ)

1週間の夏休み、始まり~。

旅の高揚感は健在なり。
空港へ向かう足取り、これから始まる旅にワクワク。
あぁ~ わたしゃ、この為に働いてきたわさ~

朝、8:30。
羽田空港到着。
お土産を少し買い足したあとは、ANAラウンジで朝食食べます。

土曜日出発とあってか、ビジネスマンより旅行客が多い印象。
IMG_4693.jpg

期間限定?の出汁茶漬け、食べてみた
IMG_4692.jpg

我らがフライトはエバー航空 BR189便、10:50発→13:30着
あいにくの雨模様の東京。
いいんです。だって、わたくし、旅立つんですもの。

エバー名物、サンリオだらけの飛行機で・・(苦笑)
IMG_4695.jpg

写真はこれ1枚で割愛しますが、機内もすべてがサンリオです。
清々しいほどの、サンリオ愛。
愛すべき台湾の「かわいいキャラが大好き」魂、健在でうれしい。
IMG_4696.jpg

エコノミーの機内食。
立派な幕ノ内弁当にびっくり。あ、食器や紙ナプキンなどはすべてキティちゃんですよ。もちろん。
IMG_4697.jpg

予定通り、13:30松山空港に到着。
空港からタクシーに乗り、まずはホテル「サンワンレジデンス」にチェックイン。
かつては友人アテンドで何度も訪問したことがあるこのホテル、宿泊は今回が初めて。
IMG_4703.jpg
ラッキーなことに、広いお部屋にアップグレードしてもらってた!わーい。
夜、寝るだけだけど(笑)

さて、ここからはとにかく タイム・イズ・マネー 

荷物だけ置いたら、先ずは昼食を食べにタクシーに飛び乗ります。

おじさん、龍山寺に行ってちょーだい!

お目当ての、ビーフン屋さんへ。
コンビニで買ったビールを持ち込んで、2年ぶりの台湾に・・ まずは、乾杯!
IMG_4704.jpg

あぁー、店の雰囲気、何一つ変わってない。
店のおばちゃんの喧噪、がちゃがちゃした店内、すべてが駐在当時にタイムスリップしたかのよう。

ビーフン、いかのとろみスープ、揚げ天ぷら
IMG_4705.jpg

ちょっとニンニクが効いたこのビーフン
IMG_4706.jpg
何一つ、変わってない。
嬉しくて、ため息が出る。

余韻にひたる間もなく、完食後の黄金コースがこちら。
IMG_4708.jpg

店頭に大量のマンゴーとパパイヤが積まれており、
IMG_4714.jpg

おばちゃんが必死に客の注文に合わせて、氷をトッピング。
IMG_4715.jpg

この老舗のかき氷屋さん、名物は豆だらけの「八宝氷」ですが、
私は日本人、やっぱり最初に食べたいのはマンゴーかき氷
IMG_4717.jpg

実に、5年ぶりでした。ひー! 

さて、タクシーにまた飛び乗り。
向かったのは、足つぼマッサージ。台湾のイタ気持ちいい、が恋しくて。
雨も強かったので、ホテル近くのお店に飛び込み。

1時間、昇天。

さて、夜は台湾友たちと待ち合わせ。
久しぶりの中国語三昧、大丈夫なのか、puki夫婦。

レストランはこちら。
IMG_4721.jpg

久しぶりの 驥園川菜餐廳
おじさん看板も、駐在時から変わらず。

ケビン夫妻との食事が目的でしたが、そこはさすがのタイワン文化。
ケビンが色々な人に声をかけていて、気づけば10人の大所帯での会食に。
もちろん「初めまして」の人が半分以上。 おいおい(苦笑)

おかげで美味しいものが色々食べれた!

名物、この 鳥スープが食べたかったーー!
IMG_4722.jpg

濃厚なこのスープ、大勢だからこそ注文できるもの。
IMG_4723.jpg

本来は四川料理店、さまざまなお料理も並びます。
IMG_4724.jpg

やっぱりタイワンは美味しい。

解散後。
puki夫さんは、今の駐在男子と「飲みに行くわー」 と。
私は、ちょうど同時期に旅行で来台している友人女子たちと合流。

住み慣れたこの場所だからこそできる、自由で楽しい時間。

まるでタイムスリップしたかのような、旅の初日でした。



16:42  |  台湾&バリ島★2017  |  コメント(0)

2017.07.30 (Sun)

今年の夏休み

今年も一足早い夏休みを頂き、旅に出ておりました。
帰国早々、仕事のドタバタが続きなかなか旅行記に手がつけられず。
ここでようやく区切りがついたので、やーっとのこさスタート。

さて。
今年の行き先はバリ島。
IMG_4928.jpg

浮世離れした素敵なホテルがたくさんあるのが魅力。

ホテルでまったり~ ゆっくり~
な過ごし方は、ヨレヨレ中年夫婦には垂涎もの。

移動はリッチにビジネスで♪と行きたいところですが、
特典航空券でもなければ、ビジネスクラスは高値の花。
とはいえ、エコノミー7時間以上はキツイなぁと思ってしまうのが、妙齢女子。

加齢とのあくなき戦いを色々検討した結果、
そうだ!台湾経由で行こう!
との決断に。

・台湾からバリ島までは飛行機5時間のフライト →これなら耐えられる
・台湾で美味しいもの食べたい           →マンゴー、7月は最強に美味しい説
・航空運賃が安い!                  →直行便の半額(2人で10万切る)!

一粒で二度おいしい

というわけで、

今年は 2年ぶりの台湾と、

IMG_4719.jpg


6年ぶりのバリ島へ。

IMG_4784.jpg

鼻息荒く、上陸しまっせ~


【旅の覚書】 6泊7日(台湾ーバリ島4泊ー台湾)
航空会社:エバー航空(航空会社HPから予約)
ホテル:台湾「サンワンレジデンス」、バリ島「ザ・ムリア」(ホテルHPから予約)
SPA : ジ・アムリタ(チェックインバリ経由)







15:20  |  台湾&バリ島★2017  |  コメント(2)
 | HOME |