2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.12.06 (Tue)

鰻重求めて成田山へ

私はうなぎが大好きです。
でも、近年の値上がり傾向には完全びびりんちょ。
そういや前回食べたのは2年前だったなぁーと。
まだ養成校の学生時代。
2ヶ月の臨床実習を終えた帰り道、浜松に立ち寄って食べたのが懐かしや。

閑話休題。

成田山新勝寺の参拝道にあるうなぎ屋さん。
ふと思い立ち、ドライブがてら行ってきました。

お寺の前は昔ながらの参拝道。
IMG_4020.jpg

大阪だと石切さんのような雰囲気。←ローカルネタ
IMG_4017.jpg

有名な鰻屋の1つ、駿河屋へ
IMG_4013.jpg

この日は30分程度の待ち時間でした。
番号札をもらっているので、参拝道のお店を冷やかすのも良し、
何を食べようかなーなんてワクワク考えながら待つも良し。
IMG_4014.jpg

成田山の鰻屋さんが魅力的なのは
店の軒先で、鰻をさばき、鰻を焼いているところ。

IMG_4021.jpg

鰻が焼きあがる匂いとビジュアルは
IMG_4022.jpg

垂涎もの
いやーワクワクするなぁ。

ちょうど30分で店内に通されました。
参拝客も年配の方が多いせいか、畳の上にはテーブルが。
これ、すごく楽。
IMG_4024.jpg

我々は、鰻重と出汁巻きを注文。
鰻は注文してから準備に入るので、30分待ちとか。

夜は家で晩酌予定だったので、昼酒は控えますよ。

そして、出汁巻き登場。
関東風の少し甘めの出汁巻き。
IMG_4026.jpg

フワフワで美味し。
やはりたまらず、先程の発言撤回。

ビールください!
IMG_4027.jpg

姉さん、
いくつになっても意思が弱いです。

昼ビールをまったり楽しんでいると・・
来たーーー!!

IMG_4028.jpg

来たーーーーーー!!!

IMG_4030.jpg

焼きの香ばしさ、身のフワフワ。

なんてったって鰻重 3600円 、
イベント感がないとなかなか手が出せないお値段。

日帰り旅行気分の嬉しい罠、
財布のヒモもゆる~く。

うひひ。

食後は新勝寺に参拝へ。
「毎年、芸能人や力士が豆まきしてるところやねー!」なんて
レベルの低い会話をしながら、
IMG_4032.jpg

お参りしました。
IMG_4033.jpg

さー、今度ウナギを食べるのは
何年後かしらー。




16:39  |  千葉おさんぽ  |  コメント(0)

2016.04.03 (Sun)

内房ドライブ旅行(2016春)⑤rokuza:おもてなし朝食

間があいてしまったけど、3月の温泉旅行の続きです。
宿泊した rokuza での朝食、口コミでも評判が良かったので楽しみでした。

翌朝。
窓の外は春晴れでテンション上がります!
IMG_2495.jpg

朝食時間は一番遅い「9時スタート」でお願いをしていたので、
puki夫さんは海沿いランニング、
私は朝風呂 満喫です。

2つある貸し切り風呂が空いていたので、昨日とは違う方をセレクト。
内装はほぼ同じ。
IMG_2491.jpg

海を眺めながらの朝風呂、贅沢ですなぁ。
IMG_2492.jpg

朝食は昨夜と同じテーブル。
一番最初に、選べる生ジュースと・・
IMG_2780.jpg

大鉢いっぱいのサラダが登場
IMG_2778.jpg
このスタートが女心を掴みますなぁ。

普段は朝食がパン食派の私、
目覚めの一杯は熱いお茶でなくジュースが欲しいのです。
自称ダイエッターのpuki夫さんはサラダに大喜び。

2段のお重をあけると、小鉢ものお惣菜がキラキラ鎮座。
明太子、のり佃煮、塩辛、卯の花、からし菜、ひじき、切り干し大根
欲張り中年には、品数多く、少量ずつ、がありがたい。
IMG_2779.jpg

豆腐は作りたてが提供。
旅館の朝食は湯豆腐が多いけど、こういう食べ方は初めて。
IMG_2784.jpg

あつあつ、プルンプルン。とろける豆腐です。
IMG_2787.jpg

主役の御飯は土鍋炊き。ピカピカですがな。
IMG_2781.jpg

「納豆は大丈夫ですか?」と聞いてくれます。
puki夫さんがNGなのでお断りすると、「生みたて卵」がやってきた~
IMG_2782.jpg
これはもう TKG  (卵かけゴハン)!!

昨晩の伊勢海老を使ったお味噌汁♪
IMG_2783.jpg

焼き魚(干物)は、数種類から選べます。

私は甘鯛
IMG_2785.jpg
puki夫さんはカマス
IMG_2786.jpg

土鍋ごはん、余すことなく 完食
はい。

食後は夕食時と同じく、ラウンジでコーヒー&デザート。
この日のデザートはミルクプリンでした。
ホット・アイス選べるのもうれしい。
朝からデザートが出てくるのもうれしい。
IMG_2788.jpg

rokuzaの朝食。
多すぎず・少なすぎずのボリューム感、和洋バランス、全てにおいて私好みでした。
また食べに行きたい・・・・
じゅるる。。



12:19  |  千葉おさんぽ

2016.03.15 (Tue)

内房ドライブ旅行(2016春)④rokuza:夕食は朝どれ海鮮フルコース♪

いざ出陣。
お食事処は「六左衛門」。
IMG_2418.jpg

我々が通されたのは個室の掘りごたつ座敷。
ひゃー、贅沢だわぁ~。
IMG_2438.jpg

本日のお品書きがこちら
IMG_2439.jpg
このお宿の売りは何といっても「朝どれ海鮮づくし」のお料理。
お料理はお肉系はなく、海鮮一本で攻めているのが清々しい。

お待ちかねのアルコール。
昭和女子の好みは泡。
puki夫さんにもおつきあいしてもらい、「1年ワタシよく頑張ったわー」と自分を褒めるのです。
IMG_2604.jpg

ではここから、料理をどどーんと。
先付けは「地蛸と青柳の沼田あえ」と・・
IMG_2607.jpg

アワビ・ウニ・いくら・めかぶのミニ丼
一口サイズのゴハンの上に、宝石のような海鮮が。
IMG_2605.jpg

椀盛りは「ハマグリの露仕立て」
IMG_2608.jpg

puki夫さんはこの段階で。
「もはや我慢できず・・」 と冷酒をオーダー。
露天風呂なし部屋に節約した分、いいお酒を飲むもんねー(´艸`*)と。
千葉の地酒の一番いいやつ(名前失念)を頼んでましたわ。
IMG_2619.jpg

ほれほれ。
真打ちの登場。朝獲れの地魚盛りあわせ
IMG_2609.jpg

これに加えて。
今回申し込んだ宿泊プランには、アワビのバターソテーと・・
IMG_2610.jpg
伊勢海老のお刺身
IMG_2606.jpg
どちらもまだ調理時はまだ生きている状態で提供され、新鮮そのもの。
命をありがたく頂きました。

焼き物は4品盛り合わせ。見た目も美しや。
IMG_2611.jpg

あさりとフキノトウの天ぷらに・・
IMG_2612.jpg

それから、金目鯛の煮つけも
IMG_2613.jpg

もう、息も絶え絶えの満腹状態でしたが・・
最後のご飯ものは「桜エビとタケノコの炊き込みごはん」
土釜で提供されると、ついつい手が伸びてしまうのです。
ああ、食いしん坊
IMG_2614.jpg

味噌汁は「白子の味噌汁」
IMG_2615.jpg

「ごはん、残ったらおにぎりにしてお持ち帰り頂きますね」なんて申し出を頂きましたが
完食 です。はい。

もうこの時点で、お腹つんつん。

なのに、最後はこんなパティシエ特製デザートが出るなんて・・・
IMG_2616.jpg

うれしくて、苦しくて、美味しくて。
別腹教の信者としては、再び、完食 で決まり。 

料理宿なのに、食後の飲み物まで出てきます。
我々はアイスコーヒーとアイスティで。
IMG_2477.jpg

ようやくここでお食事が終了。

しかーし、これだけでは終わらなかった。
宿泊プランの特典として、ラウンジでのカクテルとデザートサービスがありまして。

ラウンジのBARカウンターに移動し、
IMG_2483.jpg

カクテルと・・
IMG_2617.jpg

パティシエさんのチョコパフェ 
IMG_2618.jpg

ご堪能~。
お酒が回って「とにかく早く部屋で横になりたい~~」と言い続けるpuki夫さんを尻目に、
別腹教の妻は美味しく頂きました。
はい。

夜のラウンジは昼とはまた違う、静かでムーディな雰囲気。
IMG_2486.jpg

IMG_2487.jpg

大満足のディナーでした。

15:25  |  千葉おさんぽ

2016.03.15 (Tue)

内房ドライブ旅行(2016春)③rokuza:夕風呂でまったり

こちら rokuza さんでは、貸し切り露天風呂が2つあります。
露天風呂なしのお部屋だと優先的に予約を受けてくれるというので、
お部屋でお茶した後は早速お風呂へGO!

作務衣に着替え、出動。
大浴場の隣にあるので、シャンプーなどは大浴場ですることにし、
制限時間の1時間は温泉をたっぷり堪能です。
IMG_2425.jpg

ここの露天風呂、今までのなかで一番のお気に入りになりそう。
海辺の景色が180℃広がり、開放感たっぷり。
湯船も家族4人くらいは一緒に入れるほどの広さ。いいねー。
IMG_2420.jpg

満喫したあとは大浴場へ。
露天風呂がついてるお部屋が多いからか、大浴場を利用する人は少なく。
私は2回利用したけど、どちらも独り占め状態。

誰もいないので、写真をば。
洗面台と
IMG_2423.jpg

大浴場はほんと、勿体ないくらいの広さ。
IMG_2424.jpg

風呂上がりの休憩スペースでは
IMG_2429.jpg

お水をがぶ飲み。
汗をいっぱいかいたので、デトックス気分で気持ちよか~。
IMG_2427.jpg

お部屋に戻ると、ちょうど夕暮れ。
こんな美しい夕陽を眺めながら・・・
IMG_2432.jpg

無料貸し出しの ナノイー で女子力あげまっせ。
IMG_2436.jpg

女子力上げた(気になった)! 

お腹もそろそろ空いてきた!

鼻息をバフバフ荒くして、いざ、食事処へ。
お待ちかねの夕食タイムに突入です♡





13:31  |  千葉おさんぽ

2016.03.13 (Sun)

内房ドライブ旅行(2016春)②オトナ温泉宿・rokuza(ラウンジ・お部屋)

今宵のお宿は、南房総は館山にある 癒しのお宿 rokuza(ろくざ) 

元々は漁師料理を洗練された雰囲気で出してくれるという、
ネットの口コミでも大人女子から大絶賛のお宿。
見た目も温泉宿ぽくないです。
IMG_2522.jpg

中に入って先ず目に飛び込んできたのがプール。
といっても、浅くてほぼ観賞用とのことですが(笑)
IMG_2520.jpg

ラウンジはモダンでシックな雰囲気。好きだわ~ アクタスにいるみたい♪
IMG_2590.jpg

ここの売りの1つが、常駐パティシエの手作りデザート。
ウェルカムドリンクにも、ピーチ紅茶と一緒に手作りチョコが。
げへへ。おばちゃんの心、わしづかみ。
IMG_2588 (1)

くつろいだあとは、お部屋へと案内してもらいます。
部屋数の半分が露天風呂付。
露天風呂なしのお部屋の場合、お宿の貸し切り露天風呂が優先利用できるとのこと、
「それならば!」と、我々は部屋露天風呂ナシのお部屋を予約。
節約したお金は今宵のアルコール代に回すのだ。

露天風呂がないとはいえ、「ジャパニーズモダン」と呼ばれるお部屋はとても広く。
琉球畳の和室の横には、
IMG_2404.jpg

ソファースペースも。
IMG_2591.jpg
私は畳でゴロン、puki夫さんはソファーでゴロン。

窓からは、海ががっつり見えて気持ち良いですわ。
IMG_2589.jpg

こーんな格好いいエスプレッソマシンも鎮座。
IMG_2406.jpg

お茶菓子として、パティシエ手作りのスイーツ箱が♪
あ、誰だ!マカロン1個すでに食べたの!
IMG_2412.jpg

お部屋には私の大好きなTHANNのアロマがほんのりと。
はぁ~ 癒される~
IMG_2408.jpg

巾着袋の中には、アメニティ。
館内は、こちらの作務衣でウロウロしても良いし、
IMG_2415.jpg

女性は色浴衣も選べますよと。
IMG_2416.jpg

私ですか? ええ、もちろん 作務衣を愛用 ですとも。


さーて、お風呂行くべ~ (^_-)-☆

(続く)
18:10  |  千葉おさんぽ
 | HOME |  NEXT